利用規約

第1章 総則

第1条 【定義】

販売価格は、表示された金額(表示価格/消費税込)と致します。
なお、別途配送料が掛かる場合もございます。配送料に関しては商品詳細ページをご確認ください。

  1. 本規約
    STORES.jp利用規約
  2. 本サービス
    STORES.jp(STORES.jp PaymentなどSTORES.jpに付随して提供されるサービスを含みます)

  3. ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社

  4. 本サービスの会員
  5. フリー契約
    本サービスの無料利用契約
  6. プレミアム契約
    本サービスのプレミアムプラン利用契約
  7. ストア
    本サービスを利用して開設したオンラインストア
  8. カスタマー
    ストアで商品・サービスを購入するお客様

第2条 【規約の適用】

販売価格は、表示された金額(表示価格/消費税込)と致します。
なお、別途配送料が掛かる場合もございます。配送料に関しては商品詳細ページをご確認ください。

第3条 【本規約の適用及び変更】

  1. 甲は、乙に事前に通知することなく、本規約の全部または一部を任意に変更することができ、また本規約を補充する規約、利用条件等を別途新たに定めることができるものとし、それらは名称の如何にかかわらず、本規約の一部を構成します。規約の変更・追加は、本サービスを提供する本ウェブサイトに掲載した時点から効力を発するものとし、効力発生後に提供される各種サービスは、変更・追加後の規約によるものとされます。
  2. 乙は、前項の内容を十分に理解し、本規約の最新の内容を定期的に確認する義務を負うものとし、甲に対して、規約の変更・追加に関する不知・異議・クレーム一切を申し立てることは禁止されます。
  3. 甲は、規約の変更・追加により乙に生じた一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、一切の責任を負わないものとします。

第2章 本サービスの利用申込等

第4条 【利用申込と契約の成立】

  1. 本サービスの利用を希望する方(以下、本条及び第5条において「登録希望者」といいます。)は、本規約を承諾の上、甲が指定する手続きに基づき本サービスの利用を申し込むものとします。登録希望者の申込を受け付けた場合、甲は登録希望者に対し受け付けた旨を電子メールにて通知し、当該通知をもってフリー契約の成立といたします。なお、登録希望者が甲の別途指定する手続によりプレミアムプランの利用を同時に申し込んだ場合、当該通知をもってプレミアム契約も同時に成立したものとします。
  2. 甲は、申込内容に関して、登録希望者に本人確認等のための資料の提出を求めることがあります。

第5条 【甲による会員登録の却下、フリー契約の取消、プレミアム契約の取消】

フリー契約またはプレミアム契約の申込後、登録希望者または乙が以下のいずれかに該当する場合、もしくは該当すると甲が合理的に判断した場合、甲は何らの通知、催告することなく、登録希望者の登録を受け付けない、または乙のフリー契約またはプレミアム契約を取消すとともに登録希望者または乙の登録したデータ等をサーバから削除することができるものとします。また、以下のいずれかに該当する登録希望者または乙の行為により、甲及び第三者が損害を被った場合、登録希望者または乙は甲及び第三者に対して、当該損害を賠償するものとします。

  1. 過去に規約違反等により、会員資格の取り消し、除名処分が行なわれている場合
  2. 甲の指定する通りに本サービス利用の申込の手続きを行わなかった場合
  3. 甲が指定する期日までに本サービスの利用料金の入金が確認されない場合
  4. 甲の提示する利用料金等の支払いを怠る恐れがある場合
  5. 本サービスを利用することにより本サービスのシステムの運営上、その妨げとなる可能性がある場合
  6. 甲の競合他社等が甲の業務内容を調査する目的で契約を行おうとしている場合
  7. 故意または過失によって甲に何らかの不利益が生じた場合
  8. 本サービスの運営を妨害した場合
  9. 本サービスに掲載されている情報の改竄を行った場合
  10. ID及びパスワードを不正に使用した場合
  11. 暴力団等反社会勢力に所属していると認められた場合、または関係者のうちに暴力団等反社会勢力に所属する者がいると認められた場合
  12. 本規約に規定する禁止行為を行った場合
  13. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
  14. その他、甲が独自の判断基準で本サービスの利用が甲及び乙以外の会員またはカスタマーに不利益であると判断した場合
  15. その他、甲が独自の判断基準で本サービスの利用が甲及び乙以外の会員またはカスタマーに不利益であると判断した場合
  16. なお、本条に基づき甲が会員登録の却下、フリー契約の取消、プレミアム契約の取消、データ等の削除の処置を行った場合に乙に生じたいかなる損害に対しても、甲は一切責任を負わないものとします。

第6条 【プレミアム契約】

  1. 過去に規約違反等により、会員資格の取り消し、除名処分が行なわれている場合
  2. プレミアムプランの利用を希望する場合、乙は、甲がプレミアムプランの利用料金として提示する金額を、別途甲が指定する方法にて入金する方法(クレジットカードにより決済を含みますがこれに限りません。)により申込むものとします。

第7条 【プレミアム契約期間】

プレミアム契約の申込受付時に甲による別段の定めのない限り、プレミアム契約の契約期間は、乙が選択する利用料金の支払方法に基づき1カ月、6カ月又は12カ月とします。

第8条 【プレミアム契約利用の継続】

  1. プレミアム契約は、乙からの解約の届出又は契約期間の変更の申し出がない限り、同一の条件で同一の期間自動更新されるものとし、乙はこれに予め承諾しているものとします。なお、契約更新分の利用料金の入金が確認できない場合、甲は、乙に利用継続の意思がないものと判断し、プレミアム契約を更新しないものとします。
  2. 前項に基づく契約終了後のデータ保持に関して甲は何ら関与しないものとし、また、一切の責任を負わないものとします。

第9条 【登録情報の変更】

プレミアム契約の申込受付時に甲による別段の定めのない限り、プレミアム契約の契約期間は、乙が選択する利用料金の支払方法に基づき1カ月、6カ月又は12カ月とします。

第10条 【利用の停止】

乙が以下のいずれかに該当する場合、もしくは該当すると甲が合理的に判断した場合、甲は、理由の如何に関わらず乙に対する本サービスの提供を直ちに中止し、乙に対し会員資格の停止処分または除名処分を行うものとします。また、乙の規約違反等により甲に損害を与えた場合、甲は乙に対し損害賠償請求をすることができるものとします。

  1. 乙が甲に対して虚偽の申告をした場合
  2. 乙が本規約に違反する行為を行った場合
  3. 乙が本規約内で禁止事項に定める内容に抵触するまたは抵触する恐れがある行為をした場合
  4. 本規約14条に定める通り料金の支払いが無い場合
  5. 差押、仮差押、仮処分、強制執行もしくは競売の申立てがあった場合、または租税公課を滞納し督促を受けた場合
  6. 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始その他法的倒産手続き開始の申し立てがあった場合、または清算手続きもしくは任意整理に入った場合
  7. 資本減少、営業の廃止、休止、変更、全部もしくは重要な一部の譲渡の手続きを決議したとき、または解散(法令に基づく解散も含む)した場合
  8. 支払停止もしくは支払不能の状態に陥った場合、または不渡り処分を受けた場合
  9. 取扱商品及び販売方法等に関し、関係官庁による注意または勧告を受けた場合 関係官庁から営業停止処分、または営業許可もしくは営業免許等の取消処分を受けた場合
  10. その他甲が乙の本サービスの利用について不適切と判断した場合

また、本条の適用により本サービスの提供を中止したことにより乙に生じた損害等については、甲は一切責任を負わないものとします。

第11条 【乙による解約】

  1. フリー契約またはプレミアム契約を解約する場合、会員専用ページより所定の手続により届け出るものとします。フリー契約のみの場合、届出の確認ができ次第、即日解約とします。プレミアム契約の契約期間中の解約届出の場合は、契約満了日をもってプレミアム契約の解約とします。
  2. 前項の場合において、その利用中に係る乙の一切の債務は、フリー契約またはプレミアム契約の解約があった後においてもその債務が履行されるまでは消滅しないものとします。
  3. 既に甲に支払った全ての料金の返金は一切行われないものとし、乙はこれを了承します。
  4. フリー契約またはプレミアム契約の解約の意思表示は、当該契約に付随する全ての本サービスに関する契約を解約する意思表示とみなします。
  5. 契約の解約時におけるデータのバックアップ等は乙の自己責任において行うものとし、甲は解約後のデータの保持に関して何ら関与せず、一切の責任を負わないものとします。

第12条 【甲からの通知等】

  1. 通知等を行う必要があると判断した場合、電子メール、書面または甲のサイトに掲載する等、甲が適当と判断する方法により随時通知等するものとします。
  2. 前項における通知等を電子メールにて行う場合は、当該通知等の送信時点において乙が登録している電子メールアドレスを通知先アドレスとします。なお、この場合においては、甲が乙に対して電子メールを発信した時点をもって、乙に当該通知等が到達したものとみなします。
  3. 甲が第1項の通知等を本サービスのホームページ上で行う場合は、当該通知等をホームページに掲載した日をもって、乙に当該通知等が到達したものとみなします。
  4. 乙が甲に届け出た登録情報に虚偽、過誤、不備があり、甲からの連絡事項が届かなったことによる損害について甲は一切の責任を負担しません。

第13条 【本サービスの提供範囲の設定】

甲は、乙に対する本サービスの提供範囲の変更または制限を設定することがあります。

第3章 本サービスの料金等

第14条 【利用料金】

  1. 利用料金は、甲が別途料金表に定める料金を適用します。
  2. 甲が利用料金を計算し、乙に対して請求を行うものとします。
  3. 乙から甲に支払われた本サービスに関する一切の料金等は、いかなる理由といえども返還しないものとします。
  4. 甲が提供する販売支援プログラム等のオプション機能を乙が利用する場合は、甲が別途設定する手数料を乙は支払うことに合意するものとします。

第15条 【支払い】

  1. 甲は利用料金の支払方法や支払い期日を別途料金表、その他オンライン上、または電子メール等にて告知するものとします。
  2. 金融機関に支払う振込み手数料その他の費用は、乙の負担とします。
  3. 乙は別途料金表に定めるいずれの支払方法を選択した場合も、支払方法に不備があった場合は、直ちに会員専用ページより甲へ届け出るものとします。
  4. 乙が甲の指定する支払い方法以外で入金した等、乙の故意または過失を要因として甲が乙の入金した事実を確認できない場合、乙または他の第三者が被った損害について甲は一切の責任を負わないものとします。
  5. 乙が次に掲げる事由のいずれかに該当したことが判明した場合、甲は、乙に対し、その全部又は一部の支払いを拒絶できるものとします。この場合、支払いを拒絶した金額分に係る法定利息又は遅延損害金等は一切発生しないものとします。また、甲は、本項に基づく支払いの拒絶により乙又は第三者が被った損害又は損失等について、一切の責任を負わないものとします。
    • (1)本規約に違反したときまたはそれらのおそれがあるとき
    • (2)乙が提供する商品またはサービス等においてカスタマーと紛争等が生じたときまたはそれらのおそれがあるとき
    • (3)前各号の他、甲が不適切と判断したとき

第16条 【料金改定】

甲は、乙の承諾を得ることなく利用料金や手数料等を改定する場合があり、乙はこれに同意することとします。利用料金に変更がある場合は、甲は乙へ通知するものとします。また、改定後の料金体系は、契約更新時に適用されるものとします。

第17条 【甲による乙への商品代金等の支払い】

  1. 乙に支払われる商品代金等には消費税相当額が含まれるものとします。
  2. 商品代金の支払方法は、乙が予め登録した乙名義の銀行口座(以下、「登録銀行口座」)に所定の銀行振込手数料を差し引いた金額を振込むものとします。
  3. 商品代金の振込の時期は、毎月 1日~末日の間に取引された商品代金を翌月末日に甲から乙の登録銀行口座に振り込むものとします。なお、お支払いは、商品が購入された月の翌月21日時点にご登録の登録銀行口座へ行うものとします。
  4. 前項の定めにかかわらず、甲が別途定める 条件 を乙が遵守する場合には、甲は前項に定める商品代金の振込に要する期間を短縮することができる。
  5. 本条第3項の定めにかかわらず、当月における商品代金の合計額が1万円未満の場合、乙は甲に対して振込申請を行わない限り、乙の登録銀行口座への振込が行われないものとします。なお、乙が甲に対して振込申請を行った場合、当該振込申請の日を含む月の翌月末日に甲から乙の登録銀行口座に振り込むものとします。
  6. 乙が、商品代金が発生した月の末日から1年間以上、前項に従い、当該商品代金に振込申請を行わなかった場合、甲は、乙が当該商品代金の受取る権利を放棄したものとみなすことができるものとします。
  7. 甲は、本条に基づき乙に対して支払うべき金額について、これを支払う日までの間に弁済期の到来した乙に対する債権(本規約に基づく債権に限られません。)を有するときは、乙に対する支払に際し、対当額にて相殺の上、支払うことができます。

第4章 本サービスの中止・停止等

第18条 【本サービスの内容の変更及び停止、中止】

甲は、乙への事前の通知を行わずに本サービスの内容の変更、または本サービスの停止もしくは中止をすることがあります。この変更、停止、中止等については、甲が合理的と判断する手段を通じて発表するものとします。

第19条 【本サービスの一時的な中断】

甲は、下記に該当する場合には、乙に事前に通知することなく一時的に本サービスを中断する場合があります。また、甲は以下の事由により本サービスの提供の遅延または中断が発生した場合は、これに起因して乙または他の第三者が被った損害について一切の責任を負いません。

  • システム(通信回線や電源、それらを収容する建築物等を含む)の保守、点検、修理、変更を定期的にまたは緊急に行う場合
  • 火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合
  • 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合
  • 戦争、変乱、暴動、騒乱、疫病、労働争議等その他不測の事態により本サービスの提供ができなくなった場合
  • 法令による規制、司法命令等が適用された場合
  • その他、運用上、技術上甲が本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合

第20条 【本サービスの廃止】

  1. 甲は、業務上の都合により、本サービスの全部または一部を廃止することがあります。
  2. 甲は、本サービスの廃止を行う場合には、その1カ月前までにその旨を甲が適当と判断する方法により乙に通知します。
  3. 甲は、本サービスの廃止により乙に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第5章 登録禁止商品

第21条 【登録禁止商品・サービス】

本サービスをご利用頂くにあたり、甲が別途定める商品およびそれに関連するサービスをショップに出品することができません。

第6章 利用上の責務

第22条 【乙の設備等】

乙は、本サービスを利用する為に必要な通信機器やソフトウェア、通信回線等の全てを乙の責任と乙の費用で準備し、操作、接続等をするものとします。

第23条 【ID及びパスワードの管理責任】

  1. 乙は、自己のID及びパスワードの貸与、管理、使用についての一切の責任を持つものとし、乙が自己のID及びパスワードの利用を許諾した者(以下、本条において「ID利用者」といいます。)または第三者により、乙のID及びパスワードの不正使用等があった場合、乙が一切の責任を負うものとします。
  2. ID利用者は、本規約の適用を受けるものとし、ID利用者の行った行為が本規約に違反する場合は、甲は本規約に基づいた対応を行うものとします。また、乙はID利用者が本規約を遵守するよう管理する責任を負うものとします。
  3. 甲は、ID及びパスワードが不正に使用されていると判断した場合、乙への事前の通知なしに、乙の会員資格を停止できるものとします。その場合、乙やID利用者が本サービスを利用できず損害が発生しても、甲は一切の責任を負わないものとします。

第24条 【禁止事項】

乙は本サービスを利用するにあたり、下記に該当する行為またはその恐れがある行為をすることはできません。

  1. 本サービス上であるか否かを問わず、第三者(他の会員、カスタマーを含みますがこれらに限りません。)または甲に対する以下の行為
    1. ・ 知的財産権(著作権、意匠権、特許権、実用新案権、商標権、工業所有権等)及びその他の権利を侵害する行為
    2. ・ 財産、信用、プライバシーを侵害する行為
    3. ・ 不利益を与える行為
    4. ・ 甲がコミュニティ運営を委託した者、第三者または甲を誹謗中傷する行為、または不快感を抱かせる行為
  2. 第三者の個人情報を売買または譲受にあたる行為
  3. 公序良俗に反する行為、またはそれを助長する行為
  4. 公序良俗に反する情報を提供する行為
  5. 未成年者にとって有害と認められる情報の売買、譲受または掲載する行為、それらを助長する行為
  6. 法令に違反する行為や犯罪的行為またはそれを幇助する行為
  7. 本サービス及びその他甲が提供するサービスの運営を妨げる行為、または甲の信用・名誉等を毀損する行為
  8. コンピューターウィルス等有害なプログラムを、本サービスを通じて または本サービスに関連して使用、または提供する行為
  9. 他人になりすまして情報を送信、受信または表示する行為
  10. ストア運営により知り得た個人情報を利用した以下の行為(本サービスのE-メールサービスを利用する場合も含みますがこれに限りません)
    1. ・ 無差別または大量に不特定多数の者に対してその意思に反しE-メール等を送信する行為
    2. ・ 事前に承認していない多数の送信先に対するE-メール情報配信行為
  11. IPアドレス、アカウント、ID、パスワード、電子メールアドレス、及びドメイン名を不正に使用する行為
  12. 第三者または甲に不利益を与えるまたは迷惑をかける方法で本サービスを利用する行為
  13. 第三者または甲に不利益を与えるまたは迷惑をかける方法でストアを宣伝する行為
  14. 本サービスを甲の許可なく第三者に利用させる行為
  15. インターネット上で、第三者もしくは甲が入力した情報を不正に改ざんする行為
  16. サーバその他甲のコンピュータに不正にアクセスする行為
  17. 本サービスにおいて、事実に反する、またはその恐れのある情報を提供する行為
  18. 日本通信販売協会が定める広告に関する自主基準に違反する行為
  19. 選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動またはこれに類似する行為
  20. 甲と同種、または類似の業務を行う行為
  21. 本サービスにおいて販売禁止商品を登録する行為
  22. 暴力団等の反社会的勢力と関連すること、また名目を問わず資金提供その他の取引を行う行為、またはそれらに該当すると甲が判断する行為
  23. 暴力団等の反社会的勢力と関連すること、また名目を問わず資金提供その他の取引を行う行為、またはそれらに該当すると甲が判断する行為
  24. ソフトウェア・ツールを利用するか否かにかかわらず、検索エンジンの表示結果におけるストアの順位の操作を目的として行う以下の行為
    1. ・ 複数のアカウントを生成する行為
    2. ・ 同一又は類似の情報等を複数回にわたり投稿する行為
    3. ・ 複数のアカウントを利用して又は本サービス以外のサービスと本サービスを併せて利用することにより、情報等を投稿し、ストアを含む他のウェブサイト、他のアカウント、他のストア内ページ等に対して(リンクを貼る等)過剰に誘導する行為
    4. ・ その他Googleのガイドラインに違反する行為
  25. その他、甲が不適切と判断する行為

第25条 【乙の義務及び責任】

  1. 乙は、本規約を理解し、これを厳守するものとします。
  2. 乙は、ストアを運営する際、特定商取引法、割賦販売法、不当景品及び不当表示防止法、薬事法、その他関係法令を遵守するものとし、また、カスタマーに対して別途甲が指定する乙の情報(乙の名称及び連絡先を含みますがこれらに限られません。)を開示するものとします。
  3. 乙は、カスタマーからの受注情報を受け取った場合は、遅滞なくその処理に着手しなければなりません。
  4. 乙は、受注した商品に変更または不良等の販売するにあたり重大な瑕疵が明らかになったときは、注文したカスタマーに対し速やかにその事実を通知しなければなりません。
  5. 乙は、販売する商品またはサービスの品質の維持に義務を負い、その品質が損なわれる可能性があるときは速やかに登録商品の削除を行わなければなりません。
  6. 乙がカスタマーに販売した商品の瑕疵またはクーリングオフ等の理由により、売買についてキャンセル等に至り、乙に対し売買代金の返金請求が発生した場合、乙は速やかにその返金請求に応じ、カスタマーに対し返金の義務を負うものとします。
  7. 乙は、サービスの品質維持及びイメージの維持に尽力し、これを妨げる行為の全てに責任を負わなければなりません。
  8. 乙は、ストア内において、商品またはサービスをカスタマーに対して販売及び提供する場合、乙の責任において商品またはサービスを販売及び提供し、乙のストアにおけるコンテンツの内容全体について責任を負うものとします。
  9. 乙は、乙が個人情報の保護に関する法律上の個人情報取扱事業者に該当するか否かを問わず、同法に定める個人情報取扱事業者としての義務等を遵守しなければなりません。
  10. 乙が本サービスの利用によって第三者に対して損害を与えた場合、乙は自己の責任と費用をもって解決するものとします。

第26条 【甲、乙及びカスタマーとの関係】

  1. 乙は、カスタマーに対して提供した商品またはサービスの品質不良、暇疵、運送中の破損、数量不足、品違いその他の商品またはサービスに関し、カスタマーからクレームを受けた場合、またはカスタマーとの紛争が生じた場合は、当該クレームについては遅滞なくこれを解決するものとします。当該クレーム、紛争の内容により、商品またはサービスの変更、販売方法、運送方法等について改善の申し入れを受けたときは、それらの改善を速やかに行わなければなりません。
  2. 乙は、カスタマーから商品またはサービスの返品の申し出があった場合には、速やかにこれに応じて適切な処置を講ずるものとします。

第27条 【カスタマー情報の取り扱いと通知】

  1. カスタマーが登録した電子メールアドレス、電話番号、住所、氏名、購入アイテムに関しては、乙の委託を受け、甲が保存、管理いたします。
  2. カスタマーへの購入確認など、カスタマーが受け取る必要がある通知に関しては、乙の委託を受け、甲が管理しているカスタマー情報に記載されている電子メールアドレスを用いて甲からカスタマーに通知いたします。
  3. 乙がカスタマーへの通知を希望する場合、乙の委託を受け、甲が管理しているカスタマー情報に記載されている電子メールアドレスを用いて甲からカスタマーに通知いたします。
  4. カスタマーへの購入確認など、カスタマーが受なお甲は、乙の委託を受けカスタマー情報の保存、管理しており、その完全性、正確性、確実性、有用性、安全性等いかなる保証も行いません。情報等の流失もしくは消失等その他本サービスの利用に関連して乙、またはカスタマーに損害が発生した場合は、甲の故意または重過失による場合を除き、一切責任を負いません。

第28条 【利用権譲渡等の禁止】

乙は、甲の承諾なしに本サービスの会員として有する権利を第三者に譲渡、使用、もしくはこれに類する行為、または質権の設定等その他担保に供する行為等はできないものとします。

第29条 【情報等の削除】

次の各号に定めるいずれかに該当する場合または該当すると甲が判断した場合、甲は、乙が本ストア上に掲載または発信した情報等(本条においては、フォロー機能を利用してのフォロー行為も含みます)を削除できるものとします。

  1. 掲載内容が本規約に定める禁止行為、また、本規約のいずれかの条項に違反する場合
  2. 乙によって、登録された情報の容量が甲所定の容量を超過した場合
  3. その他甲が法律及び社会通念に従って当該情報を削除する必要があると判断した場合
  4. 乙が、ストア上に掲載した情報に関する全ての責任は乙にあり、甲は前項に関して情報を監視・削除する義務を負うものではないため、甲が情報を削除しなかったことにより乙あるいは第三者が被った損害について、甲は一切責任を負わないものとします。甲が、本条に基づき乙がストア上に掲載した情報を削除したことにより、乙あるいは第三者が被った損害について、甲は一切責任を負わないものとします。

第7章 甲の義務

第30条 【本サービスの責任】

甲は、本サービスが円滑に提供されるよう専用設備を維持運営することに努めます。ただし、不測の事態により本サービスが利用できない場合があることを乙は予め了承するものとします。

第31条 【甲の義務及び責任】

甲は、乙より委託された商品を販売する責任を持つものとします。

第32条 【他の会員、カスタマーとの連絡等】

本サービスを通じて他の会員、カスタマー者等との間で直接なされた情報の授受、及びそれに付随して行われる行為について甲は一切責任を負いません。

第33条 【個人情報等の保護及び法令遵守】

  1. 甲は個人情報等を、原則として乙本人以外の者に開示、提供せず、本サービスの提供のために必要な範囲を超えて利用しません。甲が取得した乙およびカスタマーの個人情報は、別途定める甲のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。
  2. 甲は、刑事訴訟法第218条(令状による捜索)その他同法の定めに基づく強制の処分が行われた場合には、当該法令及び令状に定める範囲で前項の守秘義務を負わないものとします。
  3. 甲は、警察官、検察官、検察事務官、国税職員、麻薬取締官、弁護士会、裁判所等の法律上照会権限を有する者から照会を受けた場合、緊急避難または正当防衛に該当すると甲が判断するときは、法令に基づき必要と認められる範囲内で個人情報等の照会に応じることができます。
  4. 甲は、サーバ設備の故障その他のトラブル等に対処するため、契約ディレクトリ内のデータを複写することがあります。

第8章 損害賠償等

第34条 【損害賠償】

  1. 甲は、乙に対し、本サービスの利用により発生した一切の損害について、原則としていかなる責任も負わないものとし、当該損害の賠償をする義務もないものとします。万一、甲の故意または重過失が理由で乙に損害が発生した場合は、損害発生日からさかのぼって過去一年間に乙が甲に支払った本サービス利用料金をその賠償額の上限として損害賠償責任を負うものとします。
  2. 甲が本規約に基づき、乙の登録、掲載した情報を削除し、乙の会員資格を停止、抹消し、本サービス及び付加サービスを停止、中断、中止等したことにつき、一切の損害賠償義務を負わないものとします。
  3. 乙が本サービスの利用によって第三者(他の会員、カスタマーを含みますがこれらに限りません。)に対して損害を与えた場合、乙は自己の責任と費用をもって解決し、甲に損害を与えることのないものとします。
  4. 本サービスの提供範囲外の商品の販売促進、また販売促進以外の目的でのメールの大量配信を行った結果、本サービスの運営に影響が生じた場合、「威力業務妨害」等による刑事告発、または損害賠償の請求を行うことができるものとします。
  5. 乙が本規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって甲に損害を与えた場合、甲は乙に対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。

第35条 【免責事項】

  1. 甲は、本サービスの内容、乙が本サービスを通じて得る情報等及び本サービスから他のウェブサイトへ遷移した場合の当該ウェブサイトの内容について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行いません。
  2. 本サービスに基づくサービスの提供の遅滞、変更、中止もしくは廃止、本サービスを通じて登録、提供される情報等の流失もしくは消失等または本サービスから遷移する他のウェブサイトの停止、中断もしくは廃止その他本サービスの利用に関連して乙に損害が発生した場合は、甲の故意または重過失による場合を除き、一切責任を負いません。
  3. 甲の故意または重過失による損害賠償額については、本規約第34条の範囲内においてのみ責任を負うものとします。
  4. 甲は、本サービスの利用に供する装置、ソフトウェアまたは通信網の瑕疵、動作不良、または不具合により、乙に損害が生じたときであってもその一切の責任を負わないものとします。
  5. 本サービスを通じて行う取引または取引される商品等の品質、材質、機能、性能、他の商品等との適合性その他の欠陥について、甲は一切責任を負わないものとします。
  6. ストアでの売上について、クレジットカードのチャージバックが発生したことによる損害およびその他カスタマーからの代金回収不能による損害は乙が負担するものとし、甲は一切負担しないものとします。

第9章 雑則

第36条 【著作権、知的財産権】

  1. 甲が提供するサービス上で、甲が掲示した内容に関する著作権等の知的財産権は、別段の定めのない限り全て甲に帰属し、甲の許可がない限りストア以外で利用することはできないものとします。
  2. 乙が解約及び会員資格の停止、取り消しとなった場合であっても、それ以前に提供した情報の権利は前項によるものとします。
  3. 乙から投稿されたコンテンツの著作権は乙に帰属します。ただし、甲が本サービス外のウェブサイトや出版物、その他メディア等に、これらの情報を二次利用(表示・引用・転載等)する場合、乙はこれを許諾するものとします。 また、かかる利用に際して、乙は著作者人格権を行使しないものとします。
  4. 乙は、第三者が著作権、商標権、意匠権等の知的所有権を有する著作物、標章、サービスマーク、デザイン、表示等を甲が提供するサービス上に掲載する場合は、乙が当該知的所有権保持者より許諾を得る必要があり、甲はこれについて一切関与しないものとします。
  5. 前項に違反して問題が発生した場合、乙は自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、甲に何らの損害を与えないものとします。

第37条 【準拠法】

本規約に関する準拠法は、全て日本国の法令が適用されるものとします。

第38条 【協議及び管轄裁判所】

  • 本規約の解釈を巡って疑義が生じた場合、甲は合理的な範囲でその解釈を決定できるものとします。
  • 本規約及び本サービスに関する全ての紛争については、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とすることを予め合意します。

別紙SendGrid特約

第三者のサービス

本規約に基づいて乙へ提供されるサービスには、甲にサービスを提供するSendGrid社 (以下「第三提供者」といいます。)により開発、提供および維持をされているメール配信サービスを含みます。乙が、SendGrid社が甲を通じて提供するこれらのサービス(以下「第三者サービス」といいます。)にアクセスまたは使用する場合には、当該第三者サービスに関する利用約款及びプライバシーポリシーに合意しなければなりません(これらを併せて以下「第三者サービス利用約款等」といいます。)。第三者サービスには、SendGrid特約の条項が適用されることに加え、全ての第三者サービス利用約款等の条項が随時適用されます。SendGrid特約で定められていない限り、第三者サービスの利用に関して、SendGrid特約の条項と第三者サービス利用約款等の条項に齟齬が生じた場合、第三者サービス利用約款等の条項が優先的に適用されます(但し、本サービス(第三者サービスを除きます。)の利用に関して、本規約の条項とSendGrid特約又は第三者サービス利用約款等の条項に齟齬が生じた場合、本規約の条項が優先的に適用されます。)。そのほかすべての第三者サービス利用約款等も本規約の条項に準じます。第三提供者は、第三者サービスおよび第三者サービスを提供する為のソフトウェア、ハードウェア、テクノロジーおよびそれらに対する追加項目、改正、更新や変更に対する全ての権利を保持します。第三提供者は、第三者サービスを提供する限り、SendGrid特約上規定されている利益を受けることができ、乙がSendGrid特約の条項に違反した場合、SendGrid特約上の権利を行使することができます。

表明、保証および誓約

乙は、以下の通り表明、保証、および誓約します。

  1. (a) 乙は本規約を締結する法的権利と地位を有すること。
  2. (b) 乙は、本規約に基づく義務を履行し、本規約および、本規約に基づき提供されるサービスに関連し乙が適時別途に締結する契約に記述されている権利や資格を許諾する法的権利と地位を有すること。
  3. (c) (別途定義する)コンテンツの使用はすべて本規約条項に従うこと。
  4. (d) 乙は本規約の条項および本規約に基づく義務に適用される全ての法律、規則に従い、本規約に基づいて提供されるサービスを使用すること。
  5. (e) 乙は米国EAA(Export Administration Act; 輸出管理法)やその関連法および非米国の政府による規制(該当する場合)を遵守せず第三者サービスの輸出および再輸出をしないこと。
  6. (f) 乙は第三者サービスを米国から、以下の地域にサービスを移動および輸出せず、それを許可しないこと。
    1. 1. (i) 輸出入が禁止されている、もしくはテロ支援国家および地域
    2. 2. (ii) 米国商務省のTOD (Table of Denial; 取引禁止命令表)または米国財務省のSDN (Specially Designated Nationals; 得的国籍業者)リストに掲載されている
    3. 3. (iii) 輸出および再輸出の際に、米国政府、機関の承認、ライセンスが必要となる国家
    4. 4. (iv) 上記に限らず輸出入に関連する法律の違反となる地域
  7. (g) 乙は、上記(f)項にて列挙されている国家や団体に属しておらずその支配下にもないこと。t Administration Act; 輸出管理法)やその関連法および非米国の政府による規制(該当する場合)を遵守せず第三者サービスの輸出および再輸出をしないこと。

保証免責

本規約に基づいて提供されるサービスに関する唯一の保証は、本規約に基づいて甲により乙に提供されると明示された保証に限られます。全ての第三者サービスは第三提供者による「現状有姿」および「利用可能な場合」に厳格に限定して提供されており、第三者サービスについては明示、黙示にかかわらず、また適法か否かにかかわらず、商品性に関する保証、特定目的に適合する保証、権原保証、第三者に対する権利侵害を含むいかなる表明および保証を含みません。第三者サービスは高リスクアクティビティ(別途定義する)に利用するために設計、製造、意図されたものではありません。口頭、または書面による甲もしくは第三提供者による情報提供および助言については、なんら第三提供者の代理として、保証を生じさせるものではありません。

補償

乙は甲、第三提供者、第三提供者の関係者、被用者、代理人、契約の相手方、譲受人、使用許諾人、承継人(以下、総称して「被補償者」といいます。)に対し、免責補償することに同意します。かかる免責補償は、乙が本規約に基づいて提供されるサービスへのアスセスまたは使用から起因した場合、および本規約の違反の有無にかかわらず、かかるサービスにおいて電子メールまたはその他の交信手段(第三者サービスによる場合を含む)により生成され送付された内容に起因する場合、すべての損害および費用(弁護士費用、裁判費用、損害賠償金、和解金を含む)が対象となります。

賠償責任の制限

乙は、本規約に基づいて提供されるサービスは甲のみが、本規約に基づいて責任を負うことに同意します。第三提供者は本規約における責任もしくは、本規約に基づき提供されるサービス(第三者サービスを含む)に関連する責任を負いません。本規約における第三提供者の責任及び、本規約に基づき提供されるサービス(第三者サービスを含む)に関連する責任には、いかなる直接的、間接的、偶発的、特別、懲戒、または懲罰的損害(これに限られません)に対する責任が含まれており、契約責任、厳格責任または不法行為責任(過失いかんを問いません)かを問いません。かりに第三提供者が、データの逸失、機会逸失、売上げまたは利益の損失、業務中断および代替商品やサービスの調達等を含む、かかる損害発生の可能性を事前に認識していたとしても、本条の責任の制限が適用されます。本条における損害の制限が適用法によって許されない場合には、該当する法律によって許される最大限の免責範囲が適用されるものとします。甲および全ての第三提供者は以下に関しての責任は負わず、何ら補償の義務を負いません。

  1. (a) 甲および第三提供者に対して(以下で定義する)機密情報を送信すること
  2. (b) 甲および第三提供者が乙の操作により何らかの法に違反する行為をすること
  3. (c) 甲および第三提供者を利用した乙によるメール送信行為、およびメール送信行為、データ収集方法、コンテンツ(以下で定義する)について甲および第三提供者に対し第三者から申し立てがあった場合

機密保持

甲と第三提供者は本規約によるサービスの使用、運用によって得た、もしくは関連するデータ、情報を収集、抜粋、編集、統合および分析する権利を有します(以下、「サービスデータ」といいます。)。甲や第三提供者によって収集されたサービスデータは収集した者が保有し、本規約に基づきサービスが提供される時点で存在する個人情報保護方針の対象となる乙への報告義務なしに、合法的なビジネス目的のために使用されることがあります。乙は、本規約に基づいて提供されるサービスに適用されるその時点の個人情報保護方針または本規約に記載されている、個人を特定しうるデータ、その他の情報の使用と開示について承諾します。

コンテンツ

乙は、本規約に基づいて提供されるサービスに関連して、乙によって提供されるデータ、情報、その他のコンテンツ(以下、総称して「コンテンツ」といいます。)に関して責任を負います。乙は、以下のコンテンツを提供すること、第三者に提供を許可すること、以下のコンテンツの提供を目的として本規約に基づいて提供されているサービスを使用することおよび第三者への使用許諾をすることはできません。

  1. (a) 第三者の知的財産権及び、その他の権利の侵害、不正使用、およびいかなる侵害行為
  2. (b) 名誉毀損、未成年者に有害な内容、わいせつ、または児童ポルノを含む場合
  3. (c) 第三者サービスに支障を与えるようなウイルスまたはプログラミングルーチンを含んでいる場合、またはデータや情報を不正に傍受または収集する、あるいは、第三者サービスを提供するソフトウェア、ハードウェア、その他の技術を含んでいる場合
  4. (d) 情報が虚偽、誤情報、または不正確である場合
  5. (e) 以下に定める機密情報を含む場合
    1. 1. (i) 社会保障番号、旅券番号、運転免許証番号やそれに類する識別番号(またそれらの一部)
    2. 2. (ii) クレジットカードもしくはデビットカード番号
    3. 3. (iii) 雇用、財務、保健に関する情報
    4. 4. (iv) 民族、宗教の所属、性的指向
    5. 5. (v) 口座パスワード
    6. 6. (vi) 生年月日
    7. 7. (vii) 犯罪歴
    8. 8. (viii) 母親の旧姓
    9. 9. (ix) 該当する管轄区域の法的枠組みのもとで機密情報とみなされる、その他の情報もしくはその情報の組み合わせ

乙は、使用することにより、また誤作動することにより死や、人身傷害、環境汚染に繋がる行為(以下、総称して「高リスクアクティビティ」といいます。)のためにサービスを使用しません。高リスクアクティビティには、核施設の運用、航空交通の制御、生命維持装置、緊急医療サービスが含まれるがこれに限りません。甲および第三提供者はサービスをHIPAA(The Health Insurance Portability and Accountability Act of 1996; 医療保険の携行性に関する法律)、GLBA(Gramm-Leach-Bliley Act; グラム・リーチ・ブライリー法)、およびそれに類する法律の適用対象となる用途での使用は想定していませんし、第三者サービスがそういった法律への準拠していることを表明はしていません。乙がHIPAAで定められる対象事業者や、GLBAで定められる金融機関である(もしくはなる予定がある)場合、乙は、第三者サービスをHIPAAで定められる保護医療情報やGLBAで定められる非公開個人情報に関する用途には使用しないことに同意します。 乙はEメールは一般的に暗号化されない安全ではない伝達手段であり、インターネットを通して伝達される情報のセキュリティは保証されないことを理解するものとします。
甲および第三提供者は、コンテンツのいかなる削除、訂正、破棄、損害、損失、または保存、またはバックアップの失敗についての責任を負いません。甲および第三提供者は、コンテンツに関する違反行為があった場合には是正措置をとることができますが、甲および第三提供者はコンテンツの正確さや潜在的責任について審査をする義務を負いません。

使用許諾

乙は、本規約に基づいて甲および第三提供者がサービスを提供するために必要なすべてのコンテンツに関する権利及びライセンスを、甲と第三提供者に許諾します。乙は、全てのコンテンツのバックアップを適宜維持します。甲と第三提供者はコンテンツのいかなる削除、訂正、破棄、損害、損失、または保存またはバックアップ作成の失敗に対する責任を負いません。乙は、甲と第三提供者が本契約または本契約に基づくサービスを提供するために必要なコンテンツの使用を許可するすべての必要な権利、権原、利害、合意を乙が有していることを表明および保証します。